シミの治療方法は色々ありますが、

大切なのは、シミの種類に合わせた治療をするということです。


〇日光黒子(老人性色素斑)・そばかすの治療方法

紫外線が原因となるくっきりとしたシミが特徴の老人性色素斑。

治療方法は、大きくわけて

・レーザー治療

・トレチノイン・ハイドロキノン治療

・一般的なシミ対策化粧品

があります。

 

そばかすも基本的には同じ治療法が有効です!

それでは一つ一つ見ていきましょう!


〇レーザー治療

日光黒子・そばかすはレーザー治療がとても有効です。

レーザー治療とは、黒い部分に反応する光を当て、シミを浮かして剥がすようなイメージです。

シミが濃ければ濃いほど、くっきりしていればしているほど効果があります。

 

反応したシミは、浮き上がり、かさぶたのようになります。

1週間ほどで剥がれ落ち、ピンク色の新しい皮膚が出てきます。

ピンク色の皮膚は、徐々にもとの肌の色に戻ります。

ここで注意してほしいのは、かさぶたのようになったシミを無理やり剥がしたり、強くこすったりしないでほしいということです!無理に剥がしてしまうことで、色素沈着が残ってしまう可能性があります。

 

レーザーにはいくつかの種類がありますので、美容皮膚科を受診し、医師と相談して決めていくのが一番いいでしょう

 

ここで私が実際にやったことのあるレーザー治療の中で、日光黒子にとてもお勧めなものを紹介します。

 

 

☆フォトシルクプラス

 

フォトシルクプラスと呼ばれるレーザーです。

クリニックによって施術料は大きく異なり、当てる範囲によっても違いますが、10000円~70000円ほどの幅があります。

こちらは、ほとんどの美容皮膚科が取り扱っており、機械の種類、効果ともにどこで受けても同じです。

そのため、施術料が安いところを選ぶのがよいでしょう。

 

フォトシルクプラスとは、シミに効果のある代表的なレーザーです。

上記にもあるように、黒いものに反応し、シミを浮かせていきます。

ピンポイントにシミに当てるのではなく、顔全体に当てていきます。

黒い部分に光が当たると、バチっと音がし、一瞬ゴムではじかれたような痛みが走ります。

 

え・・・痛いの?

と思うかもしれませんが、痛いということは効果があるということ!

 

施術後にすぐにシミがなくなるのではなく、反応したシミは、かさぶたのようになり、1週間ほどで剥がれ落ちます。

剥がれ落ちたあとは、少しピンク色の皮膚が出てきますが、徐々に元の肌の色にもどります!

 

このフォトシルクプラスはほんとーーーーーにお勧めなんです!!!

私は美容皮膚科で働き始めてすぐに、このフォトシルクプラスを当ててもらいましたが、今までシミに悩んでいたのが馬鹿みたいにキレイに剥がれ落ちました。

 


〇トレチノイン・ハイドロキノン治療

 

トレチノイン・ハイドロキノンと聞いても、ピンとこない方は多いと思います。

 

●トレチノイン

トレチノインとはビタミンA(レチノール)の誘導体です。トレチノインは、血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません

  • ピーリング作用
    トレチノインは古い角質を積極的に剥がします。
  • 肌のターンオーバーを促進
    トレチノインが表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、肌の再生を促します。
  • 皮脂のコントロール
    皮脂腺の働きを抑え皮脂の分泌を抑える為、ニキビ治療や肌のオイルコントロールに効果的です。

 

●ハイドロキノン

メラニンを合成する酵素(チロシナーゼ)を弱らせ、メラノサイトの働きを抑えて、メラニンの数を少なくします。今お肌にあるシミを薄くして、さらに次にできるシミも予防します。

「肌の漂白剤」と言われるほど、シミに効果があります。

 

 

この2種類を組み合わせることで、とてもシミに効果のある治療になります。

イメージとしては、

「トレチノインでシミを浮かせて、ハイドロキノンで剥がす」

という感じです。

 

トレチノイン、ハイドロキノンはどちらも市販の化粧品に含まれていることがありますが、ごく少量のため、全くと言っていいほど効果がないのが現実です。

 

また、普通に薬局で買おうと思っても、販売されていません!

入手する方法は、インターネットで自分で注文するか、美容皮膚科で処方してもらうかしかありません。

美容皮膚科で処方してもらうと、自分で買うよりも何倍も値段が張り、配合量も少ないため、自分でインターネットで注文することをお勧めします。

 

!特にトレチノインは入手しにくくなっています!

理由としては、トレチノインによる肌の赤みや肌荒れなどの副作用が考えられます。

肌が弱い方や、もともとアトピー肌の方にはお勧めしません!

心配な方は、配合量の少ない物を選んでください☆

 

 

〇お勧めトレチノイン・ハイドロキノンクリーム〇

 

トレチノイン配合クリーム

トレチノイン0.025%    2780円

心配な方は0.025%の物から試してください!

 

 トレチノイン0.5%    3020円

 

トレチノイン0.1%     3260円

私はこちらを使用しましたが、全く問題ありませんでした!

 

 

ハイドロキノン配合クリーム

 ユークロマライトクリーム2%(ハイドロキノン)

 ハイドロキノン4%

 

ハイドロキノン配合石鹸

更に効果を上げたい方は、ハイドロキノン配合石鹸もお勧めです!

ハイドロキノンソープ

 

ハイドロキノン配合のプラスソープ

 

プラスソープの詳しい紹介ページはこちら↓

〇シミが消える?!ハイドロキノン配合のプラスソープHQ


〇シミ対策化粧品

 

レーザー治療やトレチノイン・ハイドロキノン治療は怖い

これからできるシミの対策をしたい

 

という方は、今のうちからシミ対策の化粧品を使用しましょう!

 

ビタミンCを多く含んだ化粧品がお勧めです!

 

☆フラーレン化粧品【フラセラ】ドクターズコスメ 

 

 

@コスメ1位獲得の実力派シミ取りクリーム【ブライトニングフォーミュラ】

 

 

☆医薬部外品だからこその実感力で大人気!「ホワイトニングリフトケアジェル」

 


〇肝斑

 頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる薄茶色のシミ。女性ホルモンが関係していると言われています。

 

肝斑の治療法は

大きくわけて

・レーザー治療

・肝斑対策化粧品

があります。

 

それでは一つ一つ見ていきましょう!


〇レーザー治療

 

肝斑にはレーザー治療は効果がない

といわれてきましたが、現在ではレーザー治療もあります。

それがレーザートーニングというもの。

 

主に美容皮膚科で施術を受けることができます。

一般的なシミ治療のレーザーは、この肝斑には逆効果です。

レーザートーニングは、日光黒子などの一般的なシミには効果がありませんが、肝斑にはとても効果があります。

肝斑の特徴は、ぼんやりとしたシミ(というよりはくすみ)です。

レーザートーニングは顔全体に弱い光を当てて、徐々にメラニンを減らしていく治療方法です。

そのため、数回の施術が必要になります。

 

数千円~20000円ほどの施術料です。

実際に美容皮膚科を受診し、医師と相談して決めるとよいでしょう。


〇肝斑対策化粧品

 

肝斑にはトラネキサム酸が有効です。

 

〇トラネキサム酸とは

肝斑が発症する一因として、メラノサイトの活性化が挙げられます。その原因のひとつであり、肝斑の発症に影響があると考えられるのが、タンパク質分解酵素「プラスミン」です。

トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持ち、メラニンが作られる前の段階でメラノサイトの活性化をブロックし、肝斑の発症を抑えると考えられています。

 

 

☆トラネミック    3254円

大容量で、とても人気のある商品です!

 

☆アンプルール    1890円

 

シミ対策化粧品としてとても有名なアンプルールのトライアルキット6500円相当が1890円で注文できます!

アンプルールはシミだけではなく、肌がとてもキレイになるので、お勧めです!